アロマセラピーとは
ラベンダー

アロマセラピーって何?

アロマセラピー(アロマテラピー/芳香療法)とは、芳香をもつ植物から抽出されたエキスを利用して、その香りと成分の働きにより、心身の状態を向上させようという自然療法です。


幅広く、奥深いアロマの世界

「アロマセラピーってなに?」と聞かれたら、「においをかいでリラックスするやつでしょ」くらいが一般的な認識かもしれません。 たしかにリラックス作用がある香りもありますが、アロマってただそれだけじゃないんです。とっても奥が深くて、とっても幅広いもの。

たとえば、ちょっとした持病や日常のトラブルは、なんでもアロマで解決。日頃からアロマでメンテしておけば体調を崩すこともないので、お医者さんのお世話になる頻度も減ります。また、アロマを応用したナチュラル化粧品でスキンケアしたり、安全で効率的なアロマな家事を楽しむことも。

使い方もただニオイをかぐだけではないんです。蒸気吸引、アロマバス、マッサージ、湿布、座薬など多種多彩。基材にしても、単に香りをそのままかぐだけではなく、ルームコロンや香水を作ったり、オイルに希釈して肌に塗るなど、いろいろな方法があります。



アロマのシンプルな原則

アロマテラピーは古来から活用されてきましたが、最近ではリサーチデータも次第に出揃い、科学的な解明もされつつあります。理論、理屈はいろいろありますが、原則はとってもシンプル。

「あなたが心地がよいと感じる香りが効く」

あなたの直感を信頼して、自由にアロマを楽しんでください。

アロマな生活をはじめると、根本的な価値観がゆっくりと静かに、だけど明らかに変わっていきます。 自然の力を借りることによって、自分を信頼し、ナチュラルに生きることに一歩近づくような感覚。

それが本当のアロマの効能なのだろうと、INTAでは考えています。



次へ

カンタン!アロマセラピー講座 (2) アロマセラピーの用途

 

禁無断転載 / (但しリンクはフリーにどうぞ!)
Copyright 2004-2015 © International Natural Therapy Association
No reproduction or republication without written permission.