アロマセラピーで使う材料
ジャスミン

何を用意すればいいの?

アロマセラピー使われるエッセンシャルオイル(精油)、キャリアオイル、その他のキャリア、アロマウォーター(ハーブウォーター)について学びましょう。


アロマセラピーで使う材料には次のようなものがあります。


エッセンシャルオイル(精油)

アロマセラピーに使われるのは、エッセンシャルオイル(精油)と呼ばれる、香りのエキス。 さまざまな種類の芳香植物から抽出されます。いわば、植物の血、命みたいなもの。エッセンシャルオイル(精油)ごとに異なる香りと波動があり、また含まれる成分構成、作用、使い方も異なります。

代表的なものに、ラベンダーオイル、ローズオイル、ティートリーオイル、ユーカリオイル、オレンジオイル、ペパーミントオイル、カモミールオイルなどがあります。現在全世界で抽出されているエッセンシャルオイルの種類は何百という数に及びます。

「オイル」というと、お料理用の植物油みたいなベタベタしたイメージをもたれるかもしれませんが、エッセンシャルオイル(精油)の多くは揮発性の強い液状で、サラっとしていることが多いです(種類によっては粘性の高いドロっとしたものもあります)。

なお、エッセンシャルオイル(精油)をお部屋に拡散させる アロマポット があると、お手軽にアロマテラピーをはじめられます。


《閑話休題》 植物はなぜエッセンシャルオイル(精油)をつくるのだろう?

人間によって自然療法に利用されるエッセンシャルオイル(精油)。
では、植物にとっては、一体どんな役割をしているのか考えてみましょう。

  • 種族繁栄のため(昆虫や鳥を引き寄せ、受粉に結びつける)
     → 特に花から抽出された精油に女性ホルモン様成分が含まれていることがよくあります。

  • 植物自身が病気や雑菌、害虫など外敵から身を守るため
     → どんな精油にもある程度の抗菌作用はあります。

  • 植物が外傷を癒すため(木の幹を傷つけると浸みだす樹脂は、自分の傷を癒し、菌から守る役割がある)
     → 樹脂から抽出された精油は、皮膚トラブルに有用です。

他にもさまざまな説があります。

このように、植物にとってのエッセンシャルオイル(精油)の意義を考察してみると、その有用性と使用方法が推測できて興味深いですね。


【参考】

各エッセンシャルオイル(精油)のプロフィール (E-Conception)

E-Conceptionサイトでは主にこころの作用について説明しています。


INTAナチュセラペディア

精油プロフィール詳細、成分分析表など、より詳しい情報については、ナチュセラペディア受講生ページ)をご利用ください。ナチュセラペディア閲覧権のお申し込みは、こちら



キャリアオイル

植物から抽出されるベジタブルオイル(植物油)。エッセンシャルオイル(精油)を希釈し、皮膚に塗るときに使います。エッセンシャルオイル(精油)の成分を揮発させずに引き止め、精油成分を皮膚内に吸収し、体内に取り込むのを手伝ってくれることから「キャリア(=媒体)オイル」と呼ばれます。無色・無臭に近いものがほとんどですが、キャリアとしてだけではなく、スキンケア・美容にも役立ちます。代表的なものとして、スウィートアーモンドオイル、グレープシードオイル、マカダミアオイル、ホホバオイルなどがあります。

ホホバオイルが固まっちゃったら・・・



その他のキャリア(媒体)

キャリアオイルの代替品として使われるものに、ジェル、クリーム、ワックスなどがあります。用途に応じて適切なキャリア(=媒体)を選ぶことで、エッセンシャルオイル(精油)の効能を最大限に生かすことができます。クレイや重曹、グリセリン、はちみつなども、キャリアの一種と考えることができます。

一般的にいって、キャリアオイルは比較的早く、体内にエッセンシャルオイル(精油)の成分を運び込んでくれますから、体内の不調については即効性が期待できます。でも、皮膚そのものをケアしたい場合には、クリームやワックスを使った軟膏をキャリアとして使ったほうが効果的。オイルは即効性はあるけど皮膚上での持続力はない、その逆がクリームや軟膏類、ということになります。

また、ジェル、クリーム、軟膏は、皮膚を包み込みます(ラップ作用)から、オイルだけのときよりも、エッセンシャルオイル(精油)の成分が浸透されやすくなります。



アロマウォーター

エッセンシャルオイル(精油)を蒸留抽出するときにできる副産物。エッセンシャルオイル(精油)に似た水溶性の芳香成分がわずかに混ざっており、マイルドな香りがする極上の蒸留水です。皮膚刺激もなく、飲んでも害がないほど安全なので、家庭でのアロマにはうってつけです。手作り化粧品などに利用されるばかりでなく、第二のアロマセラピーとしてサトル(精微な)エネルギー的な観点から治療に使われるようになり、注目を浴びています。



次へ

カンタン!アロマセラピー講座 (4) アロマ活用方法:香りを楽しもう

 

禁無断転載 / (但しリンクはフリーにどうぞ!)
Copyright 2004-2015 © International Natural Therapy Association
No reproduction or republication without written permission.